アメリカ人は子供のしつけに厳しい

アメリカ人は子供のしつけに厳しい

カテゴリ:[ アメリカでの子育て ]


日本人は礼儀を重んじる民族だといわれていますが、小さい子供のふるまいに関しては、おおらかな部分があります。

一方、それを許さないのがアメリカ人です。


アメリカ人は、子供が公共の場所で泣いたり騒いだりしないように、小さいうちから厳しくしつけます。

たとえば、日本のスーパーやデパートでは、よく「買って買って!!」と駄々をこねる子供をむりやり引きずるようにして買い物をしているママを見かけることがありますが、これはアメリカでは絶対NGです。

アメリカ人は、もし外出先で子供が騒いだ場合は、必ずその場で注意して大人しくさせます。また、もし子供が騒ぐのをやめなかったり泣きやまなかったりすれば、子供を外に連れ出すのが普通です。

そして、子供であってもきちんと「Please」(ちょうだい)と「Thank you」(ありがとう)を言わせるようにします。

お子さんが小さくても、この2つのフレーズは必ず教えておきましょう。逆に言えば、「○○+please」と「Thank you」さえ言えれば、幼稚園や遊び場でのコミュニケーションがずっと楽になりますよ(*^0^*)