アメリカの保育園・幼稚園の種類

アメリカの保育園・幼稚園の種類

カテゴリ:[ アメリカの保育園・幼稚園事情 ]


アメリカで未就学児が通う施設としては、以下のようなものがあります。ただし、アメリカの教育事情は州によって大きく異なりますので、あくまでも参考程度にお考えください。


□デイケア(Daycare)


日本でいうところの保育所や保育園のようなもの。0歳からフルタイムで預かってくれるところが多いです。


□プリスクール(Preschool)

日本の保育園と幼稚園を一緒にしたようなところ。オムツが取れてから5歳くらいまでの子が通います。週に数日、一日数時間だけ預かってくれるところが多いのが特徴。私立のところが多く、月謝は一般的に日本よりも高額です。


□キンダーガーテン(Kindergarten)

日本人のイメージする幼稚園です。小学校にあがる前の準備期間として、1年か2年通います。小学校に併設されている公立校が多いのが特徴です。


□ホームデイケア(Home Daycare)

アメリカには、個人宅で子供の面倒を見ることを仕事にしている方がいますので、そういうところを利用するのも一つの手です。


☆ベビーシッター(Babysitter)

アメリカでは、特別裕福な家庭でなくても、よくベビーシッターを利用します。ベビーシッターは、住み込みの場合と通いの場合があります。あるいはもっと気軽にアルバイトを頼むという選択肢も。


それでは、次項からは、各項目の詳細をお伝えしていきます!