ベビーシッターはとってもポピュラーなアルバイト

ベビーシッターはとってもポピュラーなアルバイト

カテゴリ:[ アメリカのベビーシッター事情 ]


前項では専業のベビーシッター(ナニー)についてご説明しましたが、ここでは、アルバイトのベビーシッターについてご説明したいと思います。

既にご説明したとおり、アメリカでは(州によって詳細は異なりますが)12歳以下の子供だけで留守番をさせることは違法になります。


アメリカでは近所の目が結構厳しく、昼間たった1時間、子供だけで留守番をさせていただけでも、戻ってきたら警察が呼ばれていた・・・なんてこともあります(--;)

ですから、両親が共働きでなくても、ベビーシッターが必要になることが、しばしばあります。

そんな時、活躍するのが、アルバイトのベビーシッターです。

アメリカの学生の間では、ベビーシッターはとてもポピュラーなアルバイトで、地域のコミュニティや学校がベビーシッター養成講座を開いているほどです。

夜間に子供の面倒を見てもらう場合は、高校生・大学生のベビーシッターを雇いますが、昼間子供の遊び相手をしてもらうような場合は、中学生にお願いすることもあります。

ベビーシッターをお願いするのは基本的に近所の学生さんです。

時給は、年齢やお願いする仕事内容によっても異なりますが、大体$10前後です。

それでは、次項では、アルバイトのベビーシッターを利用する方法をご説明したいと思います。