安心して子供を任せられるベビーシッターを選ぶために

安心して子供を任せられるベビーシッターを選ぶために

カテゴリ:[ アメリカのベビーシッター事情 ]


いくらアルバイトの学生といっても、大切な子供を預けるベビーシッターですから、きちんとした子を選ばなければいけません。

まず、ベビーシッターをお願いする前に確認したいのは紹介状です。これは、今までベビーシッターをしてきた家の人が書いてくれるものです。必要なら、その紹介状を書いた人にお話を聞いてみましょう。


それから、ベビーシッターをお願いすることが決まったら、身元確認も兼ねて、一度その子の家に挨拶に行くことをおすすめします。

ご両親がしっかりした方なのか確認することも大切ですが、正直な話、あまりにもお金に困っているような家庭の子にベビーシッターをお願いすることには、リスクがあります。

もちろん家計を助けるためにアルバイトをしている本当に良い子もいるのですが・・・。

そして、ベビーシッターに悪意はなくても、子供の面倒を上手く見られず、思わぬ事故に繋がってしまうこともあります。そのような悲しい事態を避けるためにも、ベビーシッターはきちんと講習を受けた子を選びましょう。

アメリカの学生の間では、ベビーシッターはとてもポピュラーなアルバイトのため、地域のコミュニティや学校がベビーシッター養成講座を開いています。ここでは、簡単な救命方法などを教わります。

アメリカでは、子供であろうと働く以上は厳しく能力を問われます。ですから、ベビーシッターの能力に何か不安を感じた場合は、遠慮せずにお断りしてください。

その際には、日本風にやんわりと、ではなく、どういうところが気になるのかしっかり指摘してあげるのがアメリカ風の優しさです。