現地校と日本語学校、どちらがいい?

現地校と日本語学校、どちらがいい?

カテゴリ:[ アメリカでの学校教育 ]


小学生以上の子供を連れてアメリカに引っ越す際に一番迷うのは、子供を現地校と日本人学校のどちらに行かせるか、ということだと思います。

もちろんご両親やお子さんの希望も大切ですが、まず真っ先に考えなければいけないのは、これから先の家族の人生設計です。


もし、アメリカに永住するつもりで引っ越したのなら、多少無理をしてでも現地校に通い、しっかりとした英語を習得してアメリカ社会に順応したほうが子供のためになると言えます。

逆に、数年で日本に帰国する予定になっている場合は、子供の年齢が上がれば上がるほど、日本人学校に通ったほうが良いと言えます。

というのも、詳しくは『子供の英語教育』の各項でご説明していますが、いくら外国語の習得が早い子供と言っても、学校の授業内容が完璧に理解できるようになるまでには渡米から5年はかかると言われています。

その間、確かに英語は日本の学生よりもよくできるようになるでしょうが、それ以外の科目では大幅に後れを取ることになってしまいます。

最近は帰国子女枠も増えてきているので、高校や大学への入学自体はあまり問題がなくても、実際に入学した後の授業にほとんど付いていけず苦労している帰国子女が多いのも現実です。

せっかくアメリカに住んでいるのに日本人学校に行くというのは勿体無い気もしますが、そのあたりをよく考えた上で、学校を選択しましょう。