私立校と公立校、どちらがいい?

私立校と公立校、どちらがいい?

カテゴリ:[ アメリカでの学校教育 ]


アメリカの現地校に子供を通わせることを決めたら、次に考えなければいけないのは、私立校と公立校のどちらが良いか、ということです。

日本でも、私立校に入れば、より上質で特色のある教育を受けられる傾向がありますが、アメリカではその傾向がかなり強いといえます。


また、アメリカでは「教育はお金で買う」という考えが一般的なため、学費も日本の私立校より高額な場合が多いです。

アメリカに引っ越す日本人家庭の中にも「たとえお金がかかっても子供には上質な教育を受けさせたい!」と思っている方がいらっしゃるかと思いますが、その際には、ちょっと気をつけなければいけないことがあります。

それはお子さんの英語力です。

数字が物をいうアメリカの私立校(特に都会の学校)は、学校単位で成績が公表される学力テストの点数が下がるのをとても嫌がります。ですから、英語が不得意な外国人の子供は入学を認めない方針の学校が多くあるんです(>_<)

また、たとえ入学することができても、後ほどご説明するESLのような特別クラスがなかったり、英語ができないことを一切考慮せずネイティブの学生と同じ基準で成績を付けられる可能性が大いにあります。

ですから、逆に外国人の英語教育に特化したような私立校ならアリかもしれませんが、お子さんがバイリンガルに近い英語力を持っていない限り、いわゆる普通の進学校のような私立校はおすすめできません。