教育の質が高い学区とは?

教育の質が高い学区とは?

カテゴリ:[ アメリカでの学校教育 ]


前項では、学区によって教育に対する熱心さがまったく違ってきてしまうアメリカの教育システムについてご説明しました。

アメリカでは、公立学校の教科書・カリキュラム・教員の採用などはすべて学区の教育委員会に任されているため、それぞれ学区ごとに独立しています。


そして、実は、アメリカでは学校運営にかかわる予算も学区ごとに独立しています。

つまり、学区の選択結果によっては、教育委員会が子供の教育に熱心かどうかという問題の前に、学校の施設や設備に差が出てくるという、もっと身に差し迫った問題に直面する可能性があるんです(>_<)

アメリカの私立学校の学費は日本よりも高額であることが多く、また外国人に対して開かれていないことも多いため、お子さんを公立の学校に通わせたいと思っている親御さんは多いはず。

では、教育の質が高い学区を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単。不動産価格の高い地区に住んでください。

というのも、教育関係の予算の財源は固定資産税です。その税収が多い地区ほど教育の質が高く、また、裕福な家庭が多いほど教育熱心な傾向があると言えます。

一般的な日本人の生活感覚からすると、あまりにも不動産価格が安い地区にはそもそも住むことが難しいと思うので、日本人が多く住んでいる地区を選べば大きくハズレることは無いとは思いますが。

子供連れでアメリカに引っ越す場合には、周辺の不動産価格に注意して家を選ぶことをおすすめします。