ESLとは?

ESLとは?

カテゴリ:[ アメリカでの学校教育 ]


ESLとは「English as a Second Language」の略で、英語を第二言語(外国語)として教えるクラスのことです。

アメリカは移民の国なので、学校には英語を母語としない外国人の子供がたくさん通っています。


そのため、多くの学校では、彼らの英語学習をサポートするためにESLのクラスを設けています。

ただし、全ての学校にESLのクラスがあるわけではありません。

多くの州では「英語指導が必要な児童が○人以上在籍している公立校にはESLのクラスを設置すること」という法律を定めています。そのため、移民の少ない地域の学校にはESLのクラスがない可能性があります。

また、私立校にはESLのクラスを設けていない(英語が不完全な子供を受け入れていない)学校も多くあります。

詳しくは『子供の英語教育』の各項をご覧頂きたいのですが、いくら外国語の吸収が早い子供でも、英語を外国語として教えてもらう機会がなければ、きちんとした英語はなかなか身に着きません。

また、自分と同じように英語が苦手な子供達と交流できるESLのクラスは、現地校に通う子供にとって大きな心の支えにもなります。

ですから、アメリカの現地校に通う場合は、なるべくESLのクラスがある学校を選択することをおすすめします。