英語と他の勉強のバランス

英語と他の勉強のバランス

カテゴリ:[ 子供の英語教育 ]


前項では、子供の英語習得にかかる年数についてご説明しました。

それによると、小学校1年生で渡米したとしても、他の子供達と同じレベルで授業を受けられるようになるのは高学年になってから、ということになってしまいます。


当然、そのレベルに達するまでは、英語で行われる授業では完全に理解できなかった部分のフォローを家庭などでしておかなければ、勉強では大きく後れを取ってしまいます。

アメリカの現地校に通っていると、一にも二にも英語!英語!英語!で、つい他の科目の学習が疎かになってしまいがちです。

確かに、日本で育った日本人よりは英語ができるようになりますが、はたしてそれが全ての子供にとって幸せなことでしょうか?

完璧なバイリンガルを目指すよりも、歴史や科学など、ほかに力を入れて学びたいことがあるのではありませんか?

せっかく「子供の頃」からアメリカで生活しているのだから、アメリカ人と同じくらいの完璧な英語ができないと勿体無い!と思う親御さんもいらっしゃるかもしれません。

でも、どうか一度「英語」から自由になって、お子さんの本当に学びたいことについて考える機会を持ってみてください。

その結果、日本人学校に通わせるという選択肢もあると思います。