アメリカの日本語補習校について

日本語補習校とは?

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


日本語補習校とは、普段はアメリカ人と同じ現地校に通っている日本人の子供達を対象に、日本語で日本式の授業を行う学校のことです。普段通っているアメリカの学校が終わった後の放課後や、土日に授業が行われます。

補習校は、将来的に日本に帰国して日本の学校に通わせることを考えている家庭のお子さんを主なターゲットにしています。

日本語補習校とは?の続きを読む。

日本語補習校と日本人学校の違いは?

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


補習校と日本人学校。どちらも、海外に住んでいる日本人の子供が、日本語で日本式の授業を受ける学校です。その違いをご存知でしょうか?

まず、日本人学校とは、平日の朝から夕方まで日本語で日本式の授業を行う「全日制」の学校のことを言います。

日本語補習校と日本人学校の違いは?の続きを読む。

認可校と否認可校

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


日本語補習校には、大きく分けて、日本政府に認可されている学校と認可されていない学校の二種類があります。

認可校は、外務省から助成金を受けられるため、授業料が安く抑えられています。

認可校と否認可校の続きを読む。

日本語補習校の授業内容

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


補習校の授業は、現地校の放課後や土日に行われることが一般的なため、授業時間が限られています。

そのような中で、やはり授業の一番のメインになるのは国語です。

日本語補習校の授業内容の続きを読む。

日本語補習校は子供にとって負担になる?

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


両親が日本人で、家庭内で日本語を使用している場合、アメリカに住んでいても日本語の会話能力はある程度自然に維持されます。

ですが、文章の読み書き(特に漢字の筆記)能力や、勉強で使われる専門用語などは、特別な対策を取らないと習得することは困難です。

日本語補習校は子供にとって負担になる?の続きを読む。

日本語補習校の代わりに日本人ベビーシッターを

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


前項でご説明したように、補習校に通って勉強をすることは、子供にとって負担になる可能性があります。

「そこまで過密な教育はしたくないけど、でも、やっぱり日本語での勉強もしてほしいなぁ」という場合、補習校の代わりに日本人のベビーシッターを雇うという選択肢もあります。

日本語補習校の代わりに日本人ベビーシッターをの続きを読む。