日本語補習校は子供にとって負担になる?

日本語補習校は子供にとって負担になる?

カテゴリ:[ アメリカの日本語補習校について ]


両親が日本人で、家庭内で日本語を使用している場合、アメリカに住んでいても日本語の会話能力はある程度自然に維持されます。

ですが、文章の読み書き(特に漢字の筆記)能力や、勉強で使われる専門用語などは、特別な対策を取らないと習得することは困難です。


ですから、日本の学校に復学したり、日本の学校の受験を検討してる場合は、補習校での授業があったほうが良いでしょう。

ですが、補習校の授業は、現地校の放課後や土日に行われるのが一般的です。更に、多くの補習校では、限られた授業時間を補うために沢山の宿題が出されます。

当然、子供の自由時間は大幅に削られてしまいます。慣れないアメリカでの生活にストレスを感じている子供にとって負担になるのは間違いないでしょう。

また、一緒に遊びに行ける時間が限られてしまうため、現地校での友達を作りにくくなってしまうというデメリットもあります。

ですが、特に日本での学校生活を経験してからアメリカに引っ越した子供の場合は、補習校が、思うように言葉が通じない現地校での生活から解放されて日本人の友達と交流できる貴重な息抜きの場になることもあります。

いずれにしても、お子さんの様子を見ながら、なるべくストレスが少なくなるようなスタイルを考えてあげてください。